【bugoom(バグーム)】昆虫食のメリット・デメリットを考える

グルメ

この記事では昆虫食のメリット・デメリットと昆虫食専門通販サイト【bugoom(バグーム)】を紹介します

購入の際の参考になれば幸いです^^

(広告・PRを含みます)

昆虫食専門通販サイト【bugoom(バグーム)】はコチラ公式サイト 

なぜ昆虫を食べるのか?

昆虫を食べる。

普通の日本人の感覚ではやっぱり「ゲテモノ」的な位置付けになると思います。他にも美味しいものはたくさんあるし、わざわざそんな「気持ち悪い」昆虫を食べる必要もない。それはそれで正解ですよね。

では、なぜ今、昆虫食なのか?

昆虫は良質のタンパク源です。昆虫食は未来食なんて呼ばれ方をされたりもするようです。

その理由は?

国連は、そう遠くない未来に「タンパク質危機」が訪れるという発表をしました。日本では人口減少が進んでいるんですが、地球全体、世界では人口は増加し続けているんです。人口が増えるということは、食糧を増やさないといけないですね。もしも、その食料の生産が人口の増加に追い付けなかったらヤバいです。

タンパク質は糖質・脂質と合わせて3大栄養素と言われています。人間が生命・健康を維持するのに絶対に必要な栄養素。その栄養が不足するとどうなる?生命・健康が維持できなくなってしまいます。

人口の増加に合わせてタンパク質の必要量も増やさないと、なんですが、そのタンパク質が今のままでは足りなくなる・・・、っていうのが「タンパク質危機」なんですね。

その「タンパク質危機」から人類を救うものの一つに「昆虫食」があります。

昆虫は良質のタンパク源になり得ます。日本でも蜂の子やイナゴなどは食べたことがある人も少しはいるのではないでしょうか。蜂の子は私も食べたことがあります。また、昆虫ではないんですが、サソリの素揚げをゲテモノ料理屋さんで食べたことがあります。サソリは意外といけました(笑)。

なので、昆虫食が「タンパク質危機」から人類を救うっていうのも、それなりに現実的な意見だと思います。

昆虫食専門通販サイト【bugoom(バグーム)】はコチラ公式サイト 

昆虫食のデメリットは?

昆虫食のデメリット。

  • 気持ち悪い
  • 手に入りづらい
  • アレルギー反応が出ることがある

虫が嫌い・苦手な人が若い世代で増えていると聞きます。また、女性は全体的に虫が嫌い・苦手な方は多いでしょう。そんな嫌い・苦手なものを食べるっていうのは、やっぱり気持ちの良いものではないですね。気持ち悪い。

また、昆虫食はまた日本では一般的な食事ではありませんので、手に入りづらい。少しずつ浸透してきているとは思うんですが、まだ手に入りづらいです。

また、昆虫は甲殻類に近似した食材なので、甲殻類アレルギーのある方は、甲殻類を食べた時と同じようなアレルギー反応を起こす可能性があります。注意が必要ですね。

昆虫食のメリットは?

上記の昆虫食のデメリットを見てみると、昆虫を食べる理由がありませんね(笑)。

でも、メリットもあるんです。

昆虫食のメリットは

  • 栄養価が高い
  • 飼育交換率が良い
  • 牛や豚などに比べて、飼育にかかる環境負荷が小さい

昆虫にはタンパク質は豊富ですが、それ以外にもカルシウム・亜鉛などのミネラルが豊富なものも多い。また昆虫に含まれるのは動物性タンパク質。動物性タンパク質には必須アミノ酸のBCAAが含まれています。ので栄養的には良い食材と言えるのではないでしょうか。

飼育交換率とは1kgの食材を獲得するために必要な飼料の量を表す数値です。例えば牛肉を1kg獲得するためには、8kgの飼料が必要。これがコオロギだと1kg獲得するのに、2kgの飼料が必要。また、牛は不可食部位がありますが、コオロギは全てが可食部位です。エネルギー換算の効率から考えると昆虫は効率がかなり良い食材である、と言えます。

まあ、個人が昆虫食に向かうメリットとしてはあんまりないですね(笑)。栄養価が高いっていうのくらいかな?

でも、地球規模で考えるとメリットは大きなものになると思われますね。

「タンパク質危機」が本当に訪れないとは言えない情勢では、選択肢の一つとして、昆虫食があるのは良い事だと思います。

牛や豚などのいわゆる家畜は飼育するのも、食材として加工するのも、大きな設備が必要です。昆虫は家畜と比べると身体が小さいし軽量なので飼育・加工ともに、比較的小さくできるのもメリット。環境に優しい食材と言えなくはないです(多少こじつけ感ありますが・・・)。

昆虫食専門通販サイト【bugoom(バグーム)】はコチラ公式サイト 

【bugoom(バグーム)】で昆虫食を楽しもう

デメリット・メリットを踏まえて、【bugoom(バグーム)】を紹介します。

【bugoom(バグーム)】は、昆虫食の通販サイト。種類が豊富にあります。

コオロギの種類が多いですが、バッタやカブトムシ、ゲンゴロウなどちょっと珍しいものや、昆虫ではないタランチュラやサソリもあります。

好みの昆虫(があるのか?ないのか?わかりませんが)を見つけて、楽しみながら昆虫を食べるということに抵抗感をなくすことも、ちょっとだけ大事かも、と思います。

本当に昆虫食を常食としなければならなくなったときに、サバイブできるのか試すも良し(ちょっと大げさですが^^)。

昆虫食専門通販サイト【bugoom(バグーム)】はコチラ公式サイト 

筋トレをしているトレーニーのみなさんには

筋トレをしているトレーニーの皆さんは、だいたいプロテインを飲んでいると思いますが、コオロギパウダーを今飲んでいるプロテインにプラスするのも良いと思います。

昆虫食専門通販サイト【bugoom(バグーム)】はコチラ公式サイト 

また、コオロギを原料としたプロテインも見つけました。

 

こちらは純粋にプロテインとして飲むことができそうですね。

まとめ

そう遠くない将来、「タンパク質危機」が来るかもしれない。それを救う可能性があるのが昆虫食。

昆虫食の最大のデメリットは「気持ち悪い」。

ただ、その「気持ち悪い」というデメリットを補って余りある?環境に優しいというメリット。環境問題が少しずつ重要になってきている現代には大切なことだと思います。

なので、昆虫は人類を食糧難から救ってくれる救世主の一つっていうと大げさかもしれませんが、あながち間違えでもないと思います。

ま、どこまでいっても、気持ち悪いっていうのを払拭できない人もいるかと思いますが(笑)。

昆虫食専門通販サイト【bugoom(バグーム)】はコチラ公式サイト 

 

以上、昆虫食のメリット・デメリットと昆虫食専門通販サイト【bugoom(バグーム)】でした。

購入の際の参考になれば幸いです^^

タイトルとURLをコピーしました